パルミチン酸イソプロピル(シャンプー成分事典)

シャンプー成分事典 シャンプー成分事典

 

皮膚への浸透性に優れ、さっぱりした感触のエステル油で、角層からの水分蒸散を防止し、肌を柔軟にする作用を有しており(エモリエント作用)、感触改良や毛髪に対する艶感付与のほか、配合されている各種成分を均一にする溶剤としても使用されます。

 

パルミチン酸イソプロピルの特徴

成分としては脂肪酸エステルになります。

皮膚への浸透性に優れ、さっぱりした感触のエステル油で、クレンジングオイルやハンドクリームなど化粧品の基剤、医薬品の乳化剤などにも使用されます。

期待される効能としては

・エモリエント作用

・感触改良

・溶 剤

・毛髪に対するツヤ感付与

 

浸透性がよくべたつかず、頭皮や髪の潤いをキープし、柔軟性を高める働きがあります。

エモリエント作用

パルミチン酸イソプロピルのエモリエント作用については、他の油剤との相性が良く、粘度が低いことから油っぽさがなく、サッパリとした軽い感触になります。

注:エモリエント作用
皮膚からの水分蒸散を防止して、うるおいを保持し、皮膚を柔軟にする皮膚生理作用のこと

感触改良

パルミチン酸イソプロピルの感触改良に関しては、油っぽさが少なく、粘度が低い質感の油なので、ソフトでサッパリした感触になります。

そのまま基材として使われる他、他の基剤の感触改良材としても使用されます。

溶剤

パルミチン酸イソプロピルは溶剤性に優れていて、化粧品などの各種の成分を混ぜ合わせるための溶解剤として、あるいは、品質を均一にするために使われます。

毛髪に対するツヤ感付与

ヘアークリームやヘアオイルの一部に使用することで、油っぽい感じを与えることなく、毛髪にしっとり感を与える事が出来ます。

パルミチン酸イソプロピルの安全性

・30年以上の使用実績
・皮膚刺激性:ほとんどなし
・眼刺激性:ほとんどなし-最小限
・皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし
・光毒性・光感作性:ほとんどなし

通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました