エティーク コンディショナー バー ザ ガーディアン(シャンプー事典)

シャンプー事典

 

エティークコンディショナーバーはethicame(エシカミー)が販売している固形コンディショナーで、この記事では、エティークコンディショナーバー中の「ザ ガーディアン」の特徴や成分、宝実の分析、評価について解説します。

エティークコンディショナーバーは固形のコンディショナーなので「コンディショナーバー」という呼び方をしています。

 

エティーク コンディショナー バー ザ ガーディアン

エティーク コンディショナー バー ザ ガーディアンの販売会社さんのウリ

・スーパードライヘア、カーリーヘアの方にオススメ

・艶やかで、なめらかな指通りの良い髪に導くコンディショナー

・カカオバター(カカオ脂)が髪と頭皮を潤します。

・ライムの香り

・エティークは、美容製品が、環境へ与える問題に着目し、2012年10月にニュージーランドでブリアン・ウエストによって設立されました。

・必要成分を濃縮(固形に)するという方法で社会問題になっているプラスチック容器をなくしました。

エティーク コンディショナー バー ザ ガーディアン

エティーク コンディショナー バー ザ ガーディアン、宝実の分析

エティークのコンディショナーバーの標準的なタイプのワンダーバーと基本的成分は同じ配合になっていて大きな違いはありません。

着色料のほかはライム油が香料として配合されているくらいが違いです。ライムの香りがお好きな人はこちらを選ぶと良いかと思います。

 

ノンシリコンシャンプーの場合、得てしてコンディショナーの方にシリコンがたっぷり配合されている例が結構あります。しかし、コンディショナーバーザ ガーディアンには、シリコンが配合されていません

何気に配合されているパンテノールは育毛剤にも配合されている、頭皮や育毛に優しい成分です。

 

エティークコンディショナーバーの種類、違いや選び方

 

エティーク コンディショナー バー ザ ガーディアン

エティーク コンディショナー バー ザ ガーディアン宝実の総合評価

プラ容器を使わない、地球環境に優しいエティークシャンプーを使うなら、当然、コンディショナーも固形のザ ガーディアンになります。

ライムの香りがイマイチ好きではないという人であれば、ワンダーバーを選ぶという選択肢も有りです。

成分的に違うのははっきり言って香料や着色料だけで、基本的な成分、性能に違いはありません。

 

エティークシャンプー公式サイト
世界で話題の固形シャンプー「エティーク」。公式サイト

 

エティーク コンディショナー バー ザ ガーディアンの全成分解説

エティーク コンディショナー バー ザ ガーディアンに配合されている全成分について配合量の多い成分から順に解説します。

色々な宣伝文句に欺されることなく、成分を理解することで、そのコンディショナーの性質が分かってくるはずです。

 

セタノール

高い吸湿性と保水性をもっており化粧品などにも広く使われている保湿剤です。

乳化補助、感触改良などの目的で使用されていて、乳化物を安定させるとともに粘度を上げ、また、適度にエモリエント性があり、毛髪に滑らかさと肌ざわりの良い感触を付与します。

その他、薄い皮膜となって肌や髪を乾燥から守る働きもあり、温和なべとつかない光沢を与え、乳化製品の白色化を促進する効果も有ります。

セタノール(シャンプー成分事典)

 

ステアリルアルコール

パーム油から作られる高級アルコールの一種です。アルコールと表示されていますが、一緒にエチルアルコールが配合されていなければ、アルコールフリー製品に分類されます。

乳化補助、感触改良などの目的で配合されています

コンディショナー以外にも、洗浄製品、ヘアケア製品、メイクアップ化粧品、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品などに幅広く使用されています。

ステアリルアルコール(シャンプー成分事典)

エティークシャンプーバー

ベヘントリモニウムメトサルフェート

帯電防止剤ですが前に述べたセタノールなどと併用して使用することで毛髪のコンディショニング効果が相乗的に向上し、毛髪のからみを効果的に除去し、滑らかさと輝きを付与し、キューティクルの損傷を修復します。

ベヘントリモニウムメトサルフェート(シャンプー成分事典)

 

カカオ脂

カカオの種子から採れる植物油脂です。頭皮を保護してエモリエント作用を得る効果のほか、髪に潤いを与えて柔らかな手触りに仕上げ、ダメージヘアのコンディションを整えることにも効果が期待できます。

カカオ脂(シャンプー成分事典)

 

ヤシ油

ヤシ油は融点が20-28℃と室温と同様であるため、適度な硬さが調節できる柔らかく感触の良い油性基剤として感触改良材としても使われ、シャンプー以外の化粧品にも幅広く使用されます。

ヤシ油(シャンプー成分事典)

 

グリセリン

古くから使われてきた保湿剤で、皮脂膜の分解によって生成される皮膚成分でもあります。

無色無臭の粘りけのある液体で、保湿剤または柔軟剤として使用され、乾燥した頭皮の保護やばさついた髪の補修に効果が期待できます。

グリセリン(シャンプー成分辞典)

 

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

天然の油脂よりも軽い感触で、酸化安定性に優れており、皮膚をなめらかにしたり、うるおいを保つ働きがある油性原料で、エモリエント作用、感触改良などの目的のために使用されます。

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル(シャンプー成分事典)

 

パンテノール

パンテノールは水溶性のビタミンで薬用育毛剤として厚労省にも認められている成分です。

保湿、細胞組織修復促進、頭皮を滑らかにする、抗炎症作用があり、髪のハリ、コシの改善にも効果が有ります。

パンテノール(シャンプー成分事典)

ライム

ライム油

ミカン科の植物ライムの果皮から得られる精油です。

収れん作用により、ライムの酸がキューティクルを整えオイル成分により髪にツヤを与えるほか、収れん作用や抗菌作用により、脂性の頭皮への引き締め効果も有ります。

香料としてライムコロンやシャンプー、洗剤などにも使用されます。

アロマとして使用されることも有り、心を爽やかにリフレッシュさせ、不安や憂鬱を取り除いてくれる効果が期待できます。

 

ベンジルアルコール

成分を溶かすための溶剤です。毒性が低く、アルコールとエーテルに溶けやすい性質があり、植物エキスなどの溶媒として、あるいは配合成分の溶けやすさを向上させる目的で使用されます。

 

デヒドロ酢酸

製品自体の抗菌・防腐作用を目的として使用される防腐剤です。

 

マイカ

マイカとは雲母のことで化粧品の体質顔料として光学的性質の改善のためなどによく使われます。薄くて表面が滑らかな性質を利用して、伸び、ツヤ、すべり、透明性の付与による感触改良や、粉体基材を目的に使用されることがあります。

また、マイカの表面に酸化チタンを被覆することで、パール光沢を得る事が出来きることからパール顔料として使用されているものと考えられます。

 

酸化チタン

シャンプーに配合される場合は白色顔料による着色が目的だと考えられます。

 

酸化クロム

青緑色-緑色の着色剤として使用され、安定性が高く、退色しにくい特徴があります。

 

エティークシャンプー公式サイト
世界で話題の固形シャンプー「エティーク」。公式サイト

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました