エティーク コンディショナー バー トゥーデリシャス (シャンプー事典)

 

エティークコンディショナーバーはethicame(エシカミー)が販売している固形コンディショナーで、

この記事では、エティークコンディショナーバー中の「トゥデリシャス」の特徴や成分、宝実の分析、評価について解説します。

 

エティークコンディショナーバーは固形のコンディショナーなので「コンディショナーバー」という呼び方をしています。

 

エティーク コンディショナー バー トゥデリシャス

エティーク コンディショナー バー トゥデリシャスの販売会社さんのウリ

・ハイダメージ用コンディショナー

・数量限定販売

・髪のひどい乾燥やパサつきに好適なコンディショナー バー。

・非常に乾燥している髪やくせ毛によるカール(うねり)のお悩みに。

・ヘンプオイル(アサ種子油)、ピンクグレープフルーツ果皮油、シアバター(シア脂)が深い保湿を与えます。

・週に1回程度のヘアトリートメントとしてもおすすめです。

・優しいグレープフルーツの香り。

 

・エティークは、美容製品が、環境へ与える問題に着目し、2012年10月にニュージーランドでブリアン・ウエストによって設立されました。

・必要成分を濃縮(固形に)するという方法で社会問題になっているプラスチック容器をなくしました。

エティークコンディショナーバーの種類、違いや選び方

 

エティーク コンディショナー バー トゥデリシャス

エティーク コンディショナー バー トゥデリシャス、宝実の分析

エティーク コンディショナーの中ではダメージヘアーに特化したコンディショナーになり、成分的にもワンダーバーや、ザ ガーディアンとは全く異なった配合になっています。

宣伝でもあるとおり、通常はワンダーバーなどを使用していて、週1、2回、トリートメント的にトゥデリシャスを使用しても良いかと思います。

ノンシリコンシャンプー(エティークシャンプーはノンシリコンシャンプー)とセットになっているコンディショナーにはシリコンがたっぷり配合されていることもありますが、トゥデリシャスはノンシリコン製品です。

エティークコンディショナーバーの使い方

 

エティーク コンディショナー バー トゥデリシャス

エティーク コンディショナー バー トゥデリシャス宝実の総合評価

エティークシャンプーは地球環境に配慮し使い捨てのプラスティック容器を使用しない=固形シャンプー&コンディショナーという形をとった製品で、成分にも、自然分解性に優れた成分を使用し、動物由来の成分を出来るだけ排除するという姿勢を貫いています。

 

そういったポリシーを貫きつつ、髪や頭皮に優しい成分をしっかり配合しているシャンプー&コンディショナーで、こういった趣旨に賛同するなら、選んでみても良いシャンプーシリーズだと思います。

トゥデリシャスについては髪のダメージが酷い人、あるいは、週1、2回トリートメント的に使用する人の為のコンディショナーとなります。

 

エティークシャンプー公式サイト
世界で話題の固形シャンプー「エティーク」。公式サイト

 

エティーク コンディショナー バー トゥデリシャスの全成分解説

エティーク コンディショナー バー トゥデリシャス

エティーク コンディショナー バー トゥデリシャスに配合されている全成分について配合量の多い成分から順に解説します。

ブラシカアルコール

セイヨウアブラナの花(菜の花)から得られる菜種油を原料とした脂肪アルコールで頭皮をやわらかく保つ効果、髪のコンディショニング効果があります。

髪をコンディショニングして柔らかくすることで、髪のもつれや櫛によるダメージを減らし、扱いやすくします。

パームフリーでビーガンにやさしい天然の増粘剤です。エティークシャンプーはSDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の一環として開発されたシャンプーですから、環境に優しい成分を使用することは重要なポイントになっています。

ブラシカアルコール(シャンプー成分事典)

 

ベヘントリモニウムメトサルフェート

帯電防止剤ですが高級アルコールのセタノールまたはセテアリルアルコールなどと併用して使用することで毛髪のコンディショニング効果が相乗的に向上し、毛髪のからみを効果的に除去し、滑らかさと輝きを付与し、キューティクルの損傷を修復する目的で主にコンディショナーや、トリートメントなどに配合されます

 

カカオ脂

カカオの種子から採れる植物油脂です。シャンプーなどに配合される場合は頭皮を保護してエモリエント作用を得る効果のほか、髪に潤いを与えて柔らかな手触りに仕上げ、ダメージヘアのコンディションを整えることにも効果が期待できます。

カカオの実

キャンデリラロウ

キャンデリラ草(Candelilla)の茎から抽出・精製して得られる植物性固体ロウです。

他の油性原料に添加することで硬さを上げる機能が優れていて、また比較的高温でも溶けにくくする作用があるほか、油性原料の表面のツヤ、光沢を増加させます。

植物性ですからミツロウ(動物由来の製品)に代わるビーガン用のロウで、頭皮のコンディションを整え、柔らかくする効果も期待されます。

キャンデリラロウ(シャンプー成分事典)

 

シア脂

シアーバターの木の種子から得られる植物油脂で、人の皮膚が自然に生成する皮脂と非常に相性の良い飽和脂肪酸のオレイン酸が含まれていので、頭皮や髪になじみやすい特徴を持っています。

低粘度でなめらかでしっとりした感触を示し、浸透性に優れ、高い保湿性を有しているという特徴があり、ヘアケア製品の基剤などに使用されています。

 

シャンプーなどに配合される場合は、頭皮や毛髪の保護、水分量増加による頭皮へのエモリエント作用を目的に配合されます。

キャンデリラロウと同様に植物性ですからビーガン(あらゆる動物由来の物を避ける)好みの成分になります。

シア脂(シャンプー成分事典)

 

アサ種子油

アサ(麻)の種子から得られる脂肪油でヘンプオイルとも言われます(植物由来)

抗菌性の性質を持っているため、石鹸・シャンプーなどに配合されるほか保湿作用もあるので頭皮のコンディショニング効果も期待されます。

エジプト、中国、インドで古代から発毛促進薬などとして使用されてきた歴史もあります。

アサ種子油(シャンプー成分事典)

エティーク コンディショナー バー トゥデリシャス

グリセリン

古くから使われてきた保湿剤で、皮脂膜の分解によって生成される皮膚成分でもあります。

無色無臭の粘りけのある液体で、保湿剤または柔軟剤として使用され、ヘアケアーに使用する場合は乾燥した頭皮の保護やばさついた髪の補修に効果が期待できます。

 

ステアリン酸

ステアリン酸は動物、植物の脂肪に豊富な飽和脂肪酸(高級脂肪酸)の一種です。

ステアリン酸を配合することで、脂肪酸が補充され肌のバリア機能の改善に役立つほか、親油性と親水性両方を持ち、天然の乳化剤として乳液やクリームの伸びや固さを調整し、安定性を向上させるために感触改良剤として配合されます。

 

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

主にヘアケア製品に使用され、髪が静電気を帯びてまとまりにくくなるのを防いだり、くし通りをよくしたりするために配合されています。

また髪に柔軟性を与えることから、しなやかで柔らかい手触りにしてくれます。

 

グレープフルーツ果皮油

グレープフルーツ果皮油は香料として使われ、アロマとしてのリフレッシュ効果のほか

血行促進、収れん作用、皮膚コンディショニング、保湿効果が期待できることから、頭皮ケアにも良いと言われています。

 

香料

人工的に作られた合成香料です。

 

ベンジルアルコール

溶剤として優れており、毒性が低く、アルコールとエーテルに溶けやすい性質があり、シャンプーに使用される場合は植物エキスなどの溶媒として、あるいは配合成分の溶けやすさを向上させる目的で使用されます。

エティーク コンディショナー バー トゥデリシャス

デヒドロ酢酸

製品自体の抗菌・防腐作用を目的として使用される防腐剤です

 

マイカ

マイカとは雲母のことで化粧品の体質顔料として光学的性質の改善のためなどによく使われます。薄くて表面が滑らかな性質を利用して、伸び、ツヤ、すべり、透明性の付与による感触改良や、粉体基材を目的に使用されることがあります。

 

エティークシャンプー公式サイト
世界で話題の固形シャンプー「エティーク」。公式サイト

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました