ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインシャンプー(リッチ&リペア)(シャンプー事典)

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインシャンプー(リッチ&リペア) シャンプー事典

 

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインオイルインシャンプー(リッチ&リペア)はクラシエホールディングス株式会社から発売されているシャンプーです。

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインシャンプーには「スムース&リペア」「リッチ&リペア」「グロス&リペア」があり

この記事では、「リッチ&リペア」の特徴や成分、宝実の分析、評価について解説します。

 

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインシャンプー(リッチ&リペア)の販売会社さんのウリ

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインシャンプー(リッチ&リペア)

・髪のゆがみ(うねり・くせ・パサつき)を整え、素直な髪へと導くノンシリコンシャンプー

・プレミアムヒマワリオイルEX(オーガニックヒマワリオイル・ヒマワリ芽発酵エキス・ヒマワリ種子エキス・ヒマワリ花エキス/脂質&水分キープ+ダメージ補修+広がり抑制成分)配合

・広がりを抑えてしっとりまとまる髪へ

 

・キメ細かい豊かな泡が髪をやさしく洗い上げ、素直でまとまりのよい髪に。

・髪表面と髪内部のWからアプローチし、扱いやすい髪へ導く「ゆがみケアシステム」

・うねりの目立たない髪へと導く「うねりコントロール処方」

 

・傷んだ部分をねらって集中補修するダメージセンサー機能

・サルフェート(硫酸系界面活性剤)フリー処方

管理者注:アミノ酸系の洗浄成分を使用していて、市販のシャンプーに多い高級アルコール系の洗浄成分を使用していないという意味です。

 

・陽だまりのあたたかさと透明感のある心地良いエレガントフローラルの香り

・4種類のアミノ酸系洗浄成分配合
(ラウロイルサルコシンTEA、ココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルトレオニンNa)

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインシャンプー(リッチ&リペア)の特徴

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインシャンプー(リッチ&リペア)宝実の分析

3種類のディアボーテ (HIMAWARI)オイルインシャンプーそれぞれの特徴

・メインの洗浄成分に使われているココイルメチルタウリンNaは厳密にはアミノ酸系ではないのですが、非常に刺激が少なく、頭皮トラブルなどがあるような人でも安心して使える洗浄成分で、補助の洗浄成分にも低刺激なアミノ酸系の洗浄成分が配合されています。

・この価格帯の市販シャンプーでアミノ酸系の洗浄成分を使っているものはまれです。
(アミノ酸系のシャンプーはヘアサロンや、通販などで入手できる高級シャンプーに多い処方です)

ヒマワリ関係の成分は、アンチエイジングや保湿など、髪を保護する機能はそれなりにあるものの、取り立てて効果があるという成分ではなく、どちらかというとヒマワリシャンプーというイメージ作りの意味合いが大きいかなって気がします。

・ネーミングがわかりにくくヒマワリシャンプーのオレンジという呼び方をする場合もあります。

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインシャンプー(リッチ&リペア)

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインシャンプー(リッチ&リペア)宝実の総合評価

この価格帯ではという条件付きながら、アミノ酸系の洗浄成分を使っており、髪を保護し補修する成分もしっかり配合されていて、なかなか贅沢な作りになっていると思います。

またリッチ&リペア(オレンジ)はディアボーテのオイルインシャンプー3種類ある中でも一番低刺激な洗浄成分を使用していて、髪や頭皮にダメージがある人に優しい作りになっています。

ただし、市販シャンプーに多い高級アルコール系のシャンプーに慣れている人だと、使い始めは、少し洗浄力が弱く、さっぱり感に乏しいと感じるかもしれません。

 

★Amazonでオイルインシャンプー(リッチ&リペア)を見てみる★

★楽天でオイルインシャンプー(リッチ&リペア)を見てみる★

 

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインシャンプー(リッチ&リペア)の全成分解説

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインシャンプー(リッチ&リペア)に配合されている全成分について、配合量の多い順に解説します。

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインシャンプー(リッチ&リペア)の表と裏

 

ココイルメチルタウリンNa

陰イオン界面活性剤(アニオン界面活性剤)で厳密にはアミノ酸系ではないのですが、アミノ酸の一種として分類されることが多いです。

皮膚刺激や粘膜刺激が非常に低く、肌荒れを起こすようなリスクが少ないため、肌の弱い人や赤ちゃんにも安心して使える界面活性剤(洗浄成分)です。

また起泡性や洗浄力も優れており、メインの洗浄剤だけでなく補助の洗浄剤として使われることも多い洗浄成分です。

 

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインは両面界面活性剤です。

他の両性界面活性剤に比べ、皮膚刺激が少ないことからベビー用シャンプーで使用される事も多く、硬水や幅広いpH領域でも高い起泡・洗浄力をもち、泡立ちも非常に良い洗浄成分で、増粘性、帯電防止、ヘアコンディショニング効果もあります。

 

コカミドメチルMEA

ヤシ油(植物油)から作られたシャンプーの洗浄成分(界面活性剤)です。

泡立ちが良いので、補助成分として増泡剤や増粘剤、起泡剤として使われる事が多くなっています。

 

ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸系の洗浄成分(界面活性剤)で、刺激が少なく髪や頭皮に与えるダメージは少ないですが、その分、洗浄力や泡立ちは悪くなります。

洗い上がりの時に、独特のしっとり感があり、弱酸性ということもあって頭皮にダメージがあったり、バリア機能の低下した人にも安心して使用する事が出来るのが特徴

 

ラウロイルサルコシンTEA

ラウロイルサルコシンTEAは陰イオン(アニオン)界面活性剤に分類されるアミノ酸系洗浄成分です。

アミノ酸系の洗浄成分ですが洗浄力は比較的高めで、泡立ちがよく使い心地は良いが、アミノ酸系の洗浄成分としてはやや脱脂力が強くなっています。

 

コカミドMEA

コカミドMEAはココヤシの実から作られる界面活性剤(洗浄成分)です。もっとも、洗浄成分として使われるよりは、他の界面活性剤の補助として配合され、各種成分を均等に混ぜたり、粘度を増して触感を良くするために使用されることが多い成分です。

名前から、アミノ酸系の洗浄成分のように見えるかも知れませんが、非イオン界面活性剤に分類されます。

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインシャンプーの髪のゆがみの原因解説

ジステアリン酸グリコール

シャンプーなどの洗浄製品にパール様の光沢感を与え粘度を上げることで、見た目の高級感を出すために使用されます。

 

ココイルグルタミン酸2Na

アミノ酸系の洗浄成分で、皮膚刺激が低く、毛髪への吸着性にも優れているため、高いコンディショニング作用があり髪や頭皮に潤いのあるしっとりとした仕上がりになります。

 

ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル

乳化剤(親水性界面活性剤)として成分を均一に混ぜ合わせるために配合されます。

陰イオン界面活性剤と併用することで陰イオン界面活性剤(洗浄剤)の泡を増大させ、泡の弾性を向上させることからシャンプーなどの泡質向上のために配合されることもあります。

その他、エモリエント作用や、髪のキシミ感を緩和できる特徴があり、髪を洗う時のヌルつきをおさえる効果もあります。

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインシャンプーに配合されている各種ヒマワリの成分

ヒマワリ種子油

ひまわりの種から採った植物油でエモリエント作用があり、リノール酸が約70%、オレイン酸を約15%含有し、リノール酸の割合がかなり高いことから、皮膚へのなじみや伸びが良く、ベタつきのない軽い使用感を持つ事からシャンプーだけではなく幅広くヘアケア製品や化粧品などにも使用されている成分です。

 

サッカロミセス/ヒマワリ芽発酵エキス

ヒマワリの芽を基質として、酵母により発酵して得られる発酵物のエキスで、主に保湿目的で使われます。

 

ヒマワリ種子エキス

ヒマワリ種子エキスはヒマワリの種子から抽出されるエキスで、キューティクルに浸透して、髪をダメージから保護するほか、保湿作用、補修作用、抗酸化作用、紫外線抑制作用がある成分です。

ヒマワリの花

ヒマワリ花エキス

ヒマワリ花エキスはヒマワリの花から抽出されるエキスです。

ひまわり花エキスの主成分は、オレイン酸とリノール酸で抗酸化作用、保湿作用、毛髪の構造強化の効果があります。

 

ポリクオタニウム-7

洗髪後のブラッシングなどによって生じる静電気の発生を抑制するほか、毛髪を柔らかくし、すべりやすくするほか、泡質を改善し感触を改善する効果があります。

 

塩化Na

いわゆる塩の成分です。陰イオン界面活性剤(洗浄成分)の水溶液に塩化Naを加えると粘度が増大するほか、乳化物の安定性を高め、溶液に溶けない成分を溶液中で均一に安定させるために使用されます。

 

エタノール

エタノールはいわゆるアルコールの成分で、抗菌、殺菌効果があるほか皮脂を取り除く効果が高く、頭皮の引き締め効果もあり、夏場などであれば清涼感も得られます。

 

ミリスチン酸

ミリスチン酸は、パーム核油、ヤシ油、ババス油などの植物や動物性脂肪内に存在している成分で、通常はセッケン合成を目的に水酸化Kと一緒に配合されます。

化粧品成分としてそのまま使われることは通常はありませんが、エモリエント効果や保湿効果があり、潤滑剤、増粘剤、安定剤として使われることがあります。

髪のきれいな女性

ココイルトレオニンNa

ココイルトレオニンNaはアミノ酸系の界面活性剤で、低刺激で主成分としてではなく、助剤として使われることが多くなっています。

また、コンディショニング効果があり、洗った後の指どおりが良くなります。

 

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドは、主にヘアケア製品に使用され、髪が静電気を帯びてまとまりにくくなるのを防いだり、くし通りをよくしたりするために配合されています。

また髪に柔軟性を与えることから、しなやかで柔らかい手触りにしてくれます。

 

ココイルグルタミン酸Na

植物油(ヤシ油)から作られるアミノ酸の一種であるグルタミン酸を化合して作られる代表的なアミノ酸系の洗浄成分です。

洗浄力はマイルドで、頭皮や髪への刺激は少ない成分ですが、アミノ酸系の洗浄成分としては比較的洗浄力や泡立ちは強い方で泡のキメが細かい特徴があります。

 

クエン酸

クエン酸がシャンプーなどに配合される場合はPH調整、頭皮や毛髪の引き締めを狙った収れん作用を期待して配合されます。

 

ポリクオタニウム-10

水分を多く含むゲル層を毛髪表面に形成し、洗髪時、すすぎ時などに潤滑性を与えるポリマーです。ごわつきを減らし、髪のダメージ部に集中して吸着します。

保湿力があると同時に、キューティクルの表面に吸着することで、髪をコーティングし、撥水性(はっすいせい:水をはじく)を発揮します。

 

ポリクオタニウム-49

ポリクオタニウム-49をシャンプーなどに配合した場合、シリコンのようななめらかさを付与し、髪をコーティングすることで洗髪やすすぎの時の絡まりを防止するほか、髪の帯電を防止し、ごわごわ感を軽減します。

比較的洗浄力の強いシャンプーでもポリクオタニウム-49を配合することできしみを抑えノンシリコンシャンプーとすることがあります。

 

BG

BG(1,3-ブチレングリコール)は主に保湿剤として使用されます。

そのほかには細菌の増殖を抑える効果があることから防腐剤の効果を高める効果のほか、植物からエキスを抽出する際の溶媒として使用されるため、植物エキスを配合した際に、BGが少量、混ざり込むこともあります。

 

グリセリン

古くから使われてきた保湿剤で、皮脂膜の分解によって生成される皮膚成分でもあります。

無色無臭の粘りけのある液体で、保湿剤または柔軟剤として使用され、ヘアケアーに使用する場合は乾燥した頭皮の保護やばさついた髪の補修に効果が期待できます。

 

EDTA-2Na

EDTA-2Naは、シャンプー中にカルシウムイオンや鉄イオンなどの金属イオンが混ざっていると泡立ちや洗浄力が極端に低下するので、これらの金属イオンの悪影響を封じ込めるために配合されます。

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインシャンプー(リッチ&リペア)

安息香酸Na

食品などにも使用される、抗菌・防腐剤です。酸性成分の中で高い抗菌性を発揮し、他の防腐成分と併用されることが多くなっています。

 

香料

シャンプーや化粧品に香りをつけたり、あるいは原料臭を隠すために配合される微量成分の総称です。

 

カラメル

カラメルは水飴などの糖類を熱処理分解することで得られる褐色の液体で、天然の着色料として使用されます。

 

★Amazonでオイルインシャンプー(リッチ&リペア)を見てみる★

★楽天でオイルインシャンプー(リッチ&リペア)を見てみる★

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました