ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインコンディショナー(リッチ&リペア)(シャンプー事典)

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインオイルインコンディショナー(リッチ&リペア) シャンプー事典

 

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインオイルインコンディショナー(リッチ&リペア)はクラシエホールディングス株式会社から発売されているコンディショナーです。

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインコンディショナーには「スムース&リペア」「リッチ&リペア」「グロス&リペア」があり

この記事では、「リッチ&リペア」の特徴や成分、宝実の分析、評価について解説します。

 

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインコンディショナー(リッチ&リペア)

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインコンディショナー(リッチ&リペア)(の販売会社さんのウリ

・髪のゆがみ(うねり・くせ・パサつき)を整え、素直な髪へと導くノンシリコンヘアケアブランド

・プレミアムヒマワリオイルEX(オーガニックヒマワリオイル・ヒマワリ芽発酵エキス・ヒマワリ種子エキス・ヒマワリ花エキス/脂質&水分キープ+ダメージ補修+広がり抑制成分)配合

・広がりを抑えてしっとりまとまる髪へ

・濃厚なテクスチャーでスッと髪になじみ、髪内部の脂質と水分バランスを整え、うねり、くせ、パサつきも湿気で広がりにくいまとまりの良い髪に導きます。

・髪表面と髪内部のWからアプローチし、扱いやすい髪へ導く「ゆがみケアシステム」

・うねりの目立たない髪へと導く「うねりコントロール処方」

・傷んだ部分をねらって集中補修するダメージセンサー機能

・陽だまりの暖かさと透明感のある、心地よいエレガントフローラルの香り。

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインシャンプー(リッチ&リペア)の特徴

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインコンディショナー(リッチ&リペア)、宝実の分析

・ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインコンディショナーシリーズは、この価格帯という条件付きながら、各種の髪の保護成分や、補修成分が様々に配合されていて、結構贅沢な作りになっていると思います。

・ヒマワリ関係の成分が多数配合されていますが、それなりに保湿や髪の保護機能はあると思いますが、特別、効果があるという成分ではなく、どちらかというとヒマワリシャンプーというイメージ的な意味合いが強いと思います。

・メインとなる基剤にセテアリルアルコールを使用していますが、一般によく使用されるセタノールやステアリルアルコールよりも肌や髪を乾燥させず、なめらかでしなやかな質感に整える軟化剤としての働きが強くなっています。

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインコンディショナー(リッチ&リペア)

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインコンディショナー(リッチ&リペア)、宝実の総合評価

髪の保湿や、柔軟化に効果のある成分を使用しているので、髪が太い、堅い、髪の量が多いなどで、髪がボワッと広がってまとまりにくいというような人に向いています。

一般に市販されているこの価格帯のコンディショナーという条件付きながら、各種保湿、保護、補修成分が配合されていて、贅沢な作りになっています。

 

★Amazonでオイルインコンディショナー(リッチ&リペア)を見てみる★

★楽天ででオイルインコンディショナー(リッチ&リペア)を見てみる★

 

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインコンディショナー(リッチ&リペア)(の全成分解説

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインコンディショナー(リッチ&リペア)に配合されている全成分について、配合量の多い順に解説していきます。

 

セテアリルアルコール

ステアリルアルコール(牛脂、大豆油などが原料)とセタノール(ヤシ油、パーム油、牛脂、鯨脂などが原料)を混合させた、高級アルコールで乳化剤としての効果を得るために用いられ、適度なエモリエント性と乳化補助による粘度を適度に保つ効果があり、トリートメントやコンディショナーなどの基材成分として使用されます。

 

グリセリン

古くから使われてきた保湿剤で、皮脂膜の分解によって生成される皮膚成分でもあります。

無色無臭の粘りけのある液体で、保湿剤または柔軟剤として使用され、ヘアケアーに使用する場合は乾燥した頭皮の保護やばさついた髪の補修に効果が期待できます。

 

ジメチコン

ジメチコンは代表的なシリコン剤で、髪をコーティングし、サラッとした質感にする事が出来ます。

多くのシャンプーやコンディショナーなどに使用されています。

ノンシリコンシャンプーに人気があるようですが、シリコン自体は人畜無害で、髪をコーティングするための優れた機能があり、ほとんどのコンディショナーに配合されている成分でもあります。

 

PPG-1/PEG-1ステアラミン

髪のキューティクルの毛羽立ちを抑え、毛髪の表面が滑らかになり、指通りを良くするほか、髪を乾かした後もパサつかず、髪がまとまり、さわり心地もしっとりとした感じになります。

 

パラフィン

パラフィンは、水と混ざらない成分で、安定性の高い事から、ベビーオイルなどの主成分として使用されています。

光沢の強い油剤で、油膜として密着する性質があり、髪などに付着すると薄い皮膜を作り、水分が蒸発するのを防いでくれます。

ヒマワリの花

ヒマワリ種子油

ひまわりの種から採った植物油でエモリエント作用があり、皮膚へのなじみや伸びが良く、ベタつきのない軽い使用感を持つ事からシャンプーだけではなく幅広くヘアケア製品や化粧品などにも使用されている成分です。

 

サッカロミセス/ヒマワリ芽発酵エキス

サッカロミセス/ヒマワリ芽発酵エキスは、ヒマワリの芽を基質として、酵母により発酵して得られる発酵物のエキスで、主に保湿目的で使われます。

 

ヒマワリ種子エキス

ヒマワリ種子エキスはヒマワリの種子から抽出されるエキスで、キューティクルに浸透して、髪をダメージから保護するほか、保湿作用、補修作用、抗酸化作用、紫外線抑制作用がある成分です。

 

ヒマワリ花エキス

ひまわり花エキスの主成分は、オレイン酸とリノール酸で抗酸化作用、保湿作用、毛髪の構造強化の効果があります。

 

ヒマワリ芽エキス

ヒマワリの芽から抽出されるエキスです。

ヒマワリの新芽には、肌(頭皮)の新陳代謝をサポートする美容成分が豊富に含まれており、細胞の活性化を促し老化を遅らせる成分として働きます。

ヒマワリ

ミツロウ

ミツロウ(蜜蝋)は、ミツバチの巣から得られるロウで、髪の毛の保湿に効果があるほか、ドライヤーやヘアアイロンなどのダメージを受けている髪の毛のケアにも効果が期待できます。

さらに、髪のパサつきを抑えてつやのあるまとまった髪に仕上げるのに効果があるほか、抗菌作用や抗炎症作用があり、頭皮の炎症を落ち着かせたり、敏感肌や乾燥肌を保護する効果も期待できます。

ハチミツを集めているミツバチ

ネオペンタン酸イソデシル

ドライ感のある低粘度油で、ダメージ毛の柔軟性を向上し、浸透性にも優れている成分です。

 

ハチミツ

古代から、美容のために保湿剤として使用されてきた成分で、シャンプーなどに配合される場合は、頭皮柔軟化による保湿作用、配合量が多い場合は合わせて泡質改善目的にも使用されます。

ハチミツ

ポリクオタニウム-107

水分を多く含むゲル層を毛髪表面に形成し、洗髪時、すすぎ時などに潤滑性を与えるポリマーです。ごわつきを減らし、髪のダメージ部に集中して吸着します。

保湿力があると同時に、キューティクルの表面に吸着することで、髪をコーティングし、撥水性(はっすいせい:水をはじく)を発揮します。

 

ビスジグリセリルポリアシルアジペート-2

毛髪の周りに付着しコーティングすることで撥水性(はっすいせい:水をはじく)を発揮するとともに、髪の内部に水分を保持して、保湿します。

また、髪に光沢を与え、ツヤ感を出す効果があることからトリートメント製品、ヘアケア製品によく使用されます。

 

ベヘナミドプロピルジメチルアミン

髪の帯電を防止し、柔軟効果で柔らかくしっとりとした、まとまりのある髪にする作用があります。

 

乳酸

乳酸は配合量が少量の場合にはPH調整剤として使われ、多めに配合されている場合には、皮膚や頭皮などの引き締め効果を狙った収れん作用のため、さらに多量の乳酸が配合されている場合は、古くなった角質などを取り去るためのピーリング用として使われます。

 

DPG

DPG(ジプロピレングリコール)は水、アルコール、油脂などとよく混ざり、ベタつきが少ないことから広く使用されている保湿剤です。

また保湿機能により頭皮からの水分蒸発を押さえることで頭皮のバリア機能を改善するほか、弱い抗菌作用があることから製品の安定剤としても使用される成分です。

髪の綺麗な女性

グリコシルトレハロース

グリコシルトレハロースは保水力に優れ、乳化安定や泡立ち向上や泡持続性増強に使われるほか、毛髪の滑り改善作用があることからヘアコンディショニング剤としても使用されます。

 

アモジメチコン

シリコン剤の一種です。一般によく使われるジメチコンに比べ、髪への吸着性が良く、ダメージヘアーの修復にも効果が有りますが、健康な髪や脂性の髪に使うとべたつく場合があります。

 

フェニルトリメチコン

シリコンの一種で、髪の表面に撥水性や潤滑性に優れた艶のある皮膜を形成し、滑らかな仕上がりの感触を付与するほか、光沢を与え、シリコンやその他の油剤を溶かし易くする目的で使用される成分です。

 

加水分解水添デンプン

髪に対してキューティクルのダメージを補修し、なめらかに整える効果があり、また泡立ちをよくしたり泡質の向上効果もあります。

 

ヒドロキシエチルセルロース

粘度を上げ安定した状態を保つ目的のほか、配合されている粉状の成分を均一に保つ働きもします。

 

(ジビニルジメチコン/ジメチコン)コポリマー

高調合のシリコンで。高分子の皮膜を形成し、なめらかな感触の付与、枝毛防止に優れます。

髪をコーティングし、髪の滑りをよくするとともに、柔らかくサラサラで弾力ある感触を付与しハリコシやボリュームをアップします。

ディアボーテ (HIMAWARI)オイルインオイルインコンディショナー(リッチ&リペア)

(PEG-40/PPG-8メチルアミノプロピル/ヒドロキシプロピルジメチコン)コポリマー

(PEG-40/PPG-8メチルアミノプロピル/ヒドロキシプロピルジメチコン)コポリマーは、湿気を防ぐコポリマーで、髪が湿気でうねってしまうのを防止するほか、髪をとかしやすく、しなやかで柔らかく光沢のある髪にし、ボリューム、明るさ、輝きを与えます。

 

PEG-160M

PEG-160Mは製品自体の水分調整や、乳化系や可溶化系の安定性を保持する目的で配合されます。

 

(C12,13)パレス-23

非イオン界面活性剤です。水の硬度に影響を受けない泡立ちのため、水の硬度の高い場合の洗浄等に効果を発揮します。

また、乳化剤、可溶化剤として、混ざりにくい、水性成分と油性成分を混ぜる事が出来る成分です。

 

(C12,13)パレス-3

(C12,13)パレス-3は非イオン系(ノニオン系)界面活性剤で、乳化剤、可溶化剤としてヘアケア剤、スキンケア剤に使用されています。

 

BG

主に保湿剤として使用されます。そのほかには細菌の増殖を抑える効果があることから防腐剤の効果を高める効果のほか、植物からエキスを抽出する際の溶媒として使用されるため、植物エキスを配合した際に、BGが少量、混ざり込むこともあります。

 

エタノール

エタノールはいわゆるアルコールの成分で、抗菌、殺菌効果があるほか皮脂を取り除く効果が高く、頭皮の引き締め効果もあり、夏場などであれば清涼感も得られます。

 

ステアルトリモニウムクロリド

ステアルトリモニウムクロリドは、陽イオン界面活性剤(カチオン界面活性剤)で主な使用目的は帯電防止です。

ヘアコンディショニング剤に配合され、髪に強力に吸着する働きがあり毛髪を柔軟にし、すべりをよくし、静電気を防ぎます。

 

フェノキシエタノール

主に抗菌、防腐剤として使用される芳香族アルコールの1種で、緑茶などにも含まれる、自然界にも存在する成分です。

 

メチルパラベン

抗菌・防腐剤で、あまり良いイメージではとらえられていないようですが、広く各種製品に使われている成分で一般的には安全性には問題のない成分です。

 

香料

合成香料です。

 

カラメル

天然の着色料です。

 

★Amazonでオイルインコンディショナー(リッチ&リペア)を見てみる★

★楽天ででオイルインコンディショナー(リッチ&リペア)を見てみる★

 

 

タイトルとURLをコピーしました