アジエンスしっとり保湿タイプトリートメント(シャンプー事典)

シャンプー事典

 

アジエンスしっとり保湿タイプ トリートメントは花王から発売されているトリートメントです。

アジエンスしっとり保湿タイプには

シャンプー、コンディショナーのほかにトリートメントが有ります。

この記事では、アジエンス しっとり保湿タイプ トリートメントの特徴や成分、宝実の分析、評価について解説します。

アジエンスしっとり保湿タイプトリートメント

アジエンス しっとり保湿タイプ トリートメント花王さんのウリ

アジエンス しっとり保湿タイプ トリートメント、販売会社の花王さんが売りにしている特徴としては

・広がってまとまりにくい硬い髪質用。しっとり保湿タイプ。

・髪質別ケアで、ほんのり色っぽいうる艶髪に。

・髪質に合わせて、髪の芯まで満たして補修。やわらかな手触りのうる艶髪が、夜までつづく。

・うるおい持続成分(ザクロ果実エキス・蜂蜜・真珠タンパク(加水分解コンキオリン)・アロエエキス・コハク酸・乳酸(保湿))

・華やかな魅力あふれる濃密なフローラルオリエンタルの香り

アジエンスしっとり保湿タイプ

アジエンス しっとり保湿タイプ トリートメント、宝実の分析

同じアジエンス しっとり保湿タイプのコンディショナーとほぼ同じ成分が配合してあります。

大きな違いは、メインのシリコンの配合量を少し多めにしていることです。

シリコンを多めに配合すれば、しっとり感やさらさら感は向上しますし、ダメージヘアーのコーティング(補修)にもより効果的だと思います。

また、同じくコンディショナーに比べて、補助のシリコンが、ダメージヘアーやぱさぱさ髪に効果が有るものを使用しています。

アジエンスしっとり保湿タイプトリートメント

アジエンス しっとり保湿タイプ トリートメント宝実の総合評価

アジエンス しっとり保湿タイプシャンプーが、しっとり保湿といいながら結構洗浄力が強力で、かなりすっきり、きっちり皮脂などを洗い流した後、

このトリートメントで保湿成分や髪質アップのための成分を補うことで、髪質を保つことになります。

コンディショナーよりもこのトリートメントではにシリコンの配合量を増やし、加えて補助のシリコンも、ダメージヘアーに効果的なものが含まれているので

洗浄力の強いシャンプーによる刺激は問題がありますが、ダメージヘアーの人であれば、それなりに髪質を整える効果が有ると考えます。

逆に言えば、健康な髪質や脂性の髪質の人が使うと、ややべとつきが気になる場合があるかもしれません。

 

ショップでアジエンスしっとり保湿タイプトリートメントを見てみる

★Amazon★

★楽 天★

アジエンス しっとり保湿タイプ トリートメントの全成分解説

アジエンス しっとり保湿タイプ トリートメントの全成分について、配合量の多い方から解説していきます。

ステアリルアルコール

メインの成分になります。パーム油から作られる高級アルコールの一種で、アルコールと表示されていますが、一緒にエチルアルコールが配合されていなければ、アルコールフリー製品に分類されます。

乳化補助、感触改良などの目的でコンディショナーや、洗浄製品、ヘアケア製品、などに幅広く使用されています。

ステアリルアルコール(シャンプー成分事典)

ジメチコン

代表的なシリコン剤で、髪をコーティングし、サラッとした質感にする事が出来ます。

多くのシャンプーやコンディショナーなどに使用されています。

アジエンスしっとり保湿タイプのコンディショナーよりも多めに配合されています。

ジメチコン(シャンプー成分辞典)

ステアロキシプロピルジメチルアミン

帯電防止効果及びヘアコンディショニング効果が有るため、シャンプー、コンディショナー、トリートメントに配合されます。

ステアロキシプロピルジメチルアミン(成分辞典)

DPG

DPG(ジプロピレングリコール)は水、アルコール、油脂などとよく混ざり、保湿剤としてベタつきが少ないことから広く使用されている保湿剤です。

また保湿機能により頭皮からの水分蒸発を押さえることで頭皮のバリア機能を改善するほか、弱い抗菌作用があることから製品の安定剤としても使用される成分です。

DPG(ジプロピレングリコール)(シャンプー成分事典)

乳酸

乳酸は配合量が少量の場合にはPH調整剤として使われ、多めに配合されている場合には、皮膚や頭皮などの引き締め効果を狙った収れん作用のため、さらに多量の乳酸が配合されている場合は、古くなった角質などを取り去るためのピーリング用として使われます。

乳酸(シャンプー成分辞典)

リンゴ酸

シャンプーに配合されているリンゴ酸は配合されている成分のうちpHが変化すると効果が維持出来ない成分の効果を維持するためのpH調整機能または固くなった皮膚の角質を柔らかくするためのピーリング作用を目的として使用されます。

リンゴ酸(シャンプー成分事典)

ザクロエキス

ザクロエキスはザクロの実から抽出した成分です。ザクロの実は健康や美容に良い成分を豊富に含んでいて食べ物として摂取する分には非常に良い成分ですが、シャンプーや化粧品として使用された場合の効果については不明です。

記載が誤りで、ザクロの種子から採れるザクロ種子油(ザクロオイル)のことであればエモリエント作用、表皮の新陳代謝促進およびターンオーバーの活性化が期待出来ます。

ザクロエキス(シャンプー成分事典)

ハチミツ

食品として有名なハチミツですが、古代から、美容のために保湿剤として使用されてきた成分です。

シャンプーに配合される場合は、頭皮柔軟化による保湿作用、配合量が多い場合は合わせて泡質改善目的にも使用されます。

ハチミツ(シャンプー成分事典)

加水分解コンキオリン

加水分解コンキオリンは真珠から抽出される成分で、古くから肌のケアや漢方薬にも使用されている成分で

頭皮の保湿、頭皮細胞を若々しくする作用の他、毛髪に対する手触り感・ツヤ改善作用、キューティクルのリフトアップ抑制作用なども期待出来ます。

加水分解コンキオリン(シャンプー成分事典)

コハク酸

コハク酸は動植物界に広く分布している有機酸で、pH調整、収れん(引き締め)作用を目的に使用されます。

コハク酸(シャンプー成分事典)

アロエベラ葉エキス

アロエは古くから民間治療薬としても使われてきた植物で、アロエベラ葉エキスには、保湿作用、キズの治療、抗酸化作用、紫外線吸収作用、抗老化作用、皮膚(頭皮)のコンディショニング効果があります。

アロエベラ葉エキス(シャンプー成分事典)

ラノリン脂肪酸

ラノリン脂肪酸は羊の皮脂から得られる成分で、人間の皮脂と成分的にも似ており、頭皮や皮膚への親和性が高く保水能力も高い、また、髪に光沢を与える効果も有ります。

ラノリン脂肪酸(シャンプー成分事典)

ホホバエステル

ホホバの種子から採れる液状のワックスで熱に強く、酸化安定性に優れています。

角層からの水分蒸散を防止し、肌を柔軟にする作用を有しており(エモリエント作用)、抗炎症作用も期待でき、サラッとした使用感で油っぽさがなく、皮膚になじみやすい特徴を持っています。

ホホバ種子油(シャンプー成分事典)

パルミチン酸イソプロピル

皮膚への浸透性に優れ、さっぱりした感触のエステル油で、角層からの水分蒸散を防止し、肌を柔軟にする作用を有しており(エモリエント作用)、感触改良や毛髪に対する艶感付与のほか、配合されている各種成分を均一にする溶剤としても使用されます。

パルミチン酸イソプロピル(シャンプー成分辞典)

ヒドロキシステアリン酸水添ヒマシ油

水分保持能力が高く、皮膚表面に保護膜を作り皮膚の乾燥を防ぐ効果があります。

また、ゲル化剤として硬さの調整や感触調整に用いられています。

ヒドロキシステアリン酸水添ヒマシ油(シャンプー事典)

ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル

髪にツヤ・光沢を付与する効果のほか頭皮からの水分蒸散を抑えてうるおいを保ち、頭皮を健康に保つ効果が有ます。

ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル(シャンプー成分事典)

アモジメチコン

シリコン剤の一種です。一般によく使われるジメチコンに比べ、髪への吸着性が良く、ダメージヘアーの修復にも効果が有りますが、健康な髪や脂性の髪に使うとべたつく場合があります。

アモジメチコン(シャンプー成分事典)

ヒドロキシエチルセルロース

製品の粘度を上げ安定した状態を保つほか、配合されている粉状の成分を均一に保つ働きがあります。

ヒドロキシエチルセルロース(HEC)(シャンプー成分事典)

PEG-45M

粘度調節、乳化、潤滑性向上、泡の質向上に使われる成分で、水によく溶ける性質をもっており、水分蒸散を防ぎ、品質を保持する効果やとろみをつける効果などを目的に配合されます。

PEG-45M(シャンプー成分事典)

セテアレス-7

乳化剤で製品を柔らかく滑らかにしたり、増粘性をつけたりするために使用され、セテアレス-25に比べて親油性が高く親水性が低くなっています。

セテアレス-7(成分辞典)

セテアレス-25

乳化剤で製品を柔らかく滑らかにしたり、増粘性をつけたりするために使用され、セテアレス-7に比べて親水性が高く親油性が低くなっています。

セテアレス-25(成分辞典)

BG

BG(1,3-ブチレングリコール)は主に保湿剤として使用されます。

そのほかには細菌の増殖を抑える効果があることから防腐剤の効果を高める効果のほか、植物からエキスを抽出する際の溶媒として使用されるため、植物エキスを配合した際に、BGが少量、混ざり込むこともあります。

BG(1,3-ブチレングリコール)(シャンプー成分辞典)

エタノール

エタノールはアルコールの成分で、抗菌、殺菌効果があるほか皮脂を取り除く効果が高く、頭皮の引き締め効果もあり、夏場などであれば清涼感も得られます。

エタノール(シャンプー成分事典)

ベンジルアルコール

溶剤として優れており、毒性が低く、アルコールとエーテルに溶けやすい性質があり、シャンプーに使用される場合は植物エキスなどの溶媒として、あるいは配合成分の溶けやすさを向上させる目的で使用されます。

ベンジルアルコール(シャンプー成分事典)

カラメル

カラメルは水飴などの糖類を熱処理分解することで得られる褐色の液体で、天然の着色料として使用されます。

カラメル(シャンプー成分事典)

香料

シャンプーや化粧品に香りをつけたり、あるいは原料臭を隠すために配合される微量成分

香料(シャンプー成分事典)

 

ショップでアジエンスしっとり保湿タイプトリートメントを見てみる

★Amazon★

★楽 天★

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました