エティーク シャンプーバー ヒーリ キウィ(シャンプー事典)

 

エティークシャンプー はethicame(エシカミー)が販売している固形シャンプーです。

エティークシャンプーバーシリーズには「ピンカリシャス」「ヒーリキウイ」と「セントクレメンツ」などがあり

この記事では「ヒーリキウイ」の特徴や成分、宝実の分析、評価について解説します。

エティークシャンプーは固形シャンプーなので「シャンプーバー」という呼び方をしています。

 

エティーク シャンプーバー ヒーリ キウィ

>エティークシャンプーバーヒーリキウイの販売会社さんのウリ

・ココナッツオイル(ヤシ油)、カカオバター(カカオ脂)、オートミールが髪と頭皮に潤いを与え、やさしく洗い上げる。

・ニームオイル(メリアアザジラクタ種子油)、カランジャオイル(クロヨナ種子油)が頭皮トラブル(フケやかゆみ)をケア

・地球環境に配慮し、固形シャンプーという形にしたためプラスティック容器を使用していない。

・2012年10月にニュージーランドでブリアン・ウエストによって設立(原産国ニュージーランド)

 

エティークシャンプーバーの種類は?違いと選び方

 

>エティークシャンプーバーヒーリキウイ、宝実の分析

・ココナッツオイル(ヤシ油)、カカオバター(カカオ脂)、オートミールなど、製品には植物由来の成分をメインに使用していて、動物由来の成分は使用しない事を徹底しています。

ニームオイル(メリアアザジラクタ種子油)とカランジャオイル(クロヨナ種子油)はどちらもインドの民間医療などで、皮膚疾患などに使用されている天然の成分(医薬品)で、頭皮の状態を植物由来の天然成分で整えようというという趣旨からは納得の成分。

 

お約束というか、製品名にもあるとおりキウイ種子油が使われています。頭皮を整える成分でありますが、やはり、ニュージーランドを代表する果実のキウイを使わないわけにはいかないと言ったところでしょうか(^_^)v

メインの洗浄成分は頭皮にも優しくマイルドなココイルイセチオン酸Naを使用しており、その他の洗浄成分にも刺激の少ない物を使用しているのは好感が持てます。

 

もっともサブの洗浄成分であるココアルキル硫酸NAはラウリル硫酸Naと同系統(硫酸系、高級アルコール系)の洗浄成分で、刺激が強いのがデメリット、

おそらくほかの洗浄成分にマイルドな物を使っているので洗浄力をアップして、洗い心地を良くしようとしたものでしょうが、

エティークのこだわりの中で、自然な成分を使用するだけでなくラウリル硫酸Naは使用しないとなってるのに、結局同系統の洗浄成分を使っているってどうなのよという点でちょっと引っかかりがあります。

会社の説明では、ココイルセチオン酸Naとココアルキル硫酸Naを組み合わせることで刺激が少なく優しい洗い上がりになるとなっています。

 

香料としてはアロマにも使われる天然のライム油使用

 

固形シャンプー、エティークシャンプーバーの使い方

 

エティーク シャンプーバー ヒーリ キウィ

 

>エティークシャンプーバーヒーリキウイ、宝実の総合評価

頭皮や髪に優しい洗浄成分を使用しているので、シリコンは配合されていません。

(洗浄力が強いシャンプーはどうしても洗った後の髪をコーティングするためにシリコンを配合する必要があります)

また、本製品のコンセプトである地球環境に優しい点については、固形にすることでプラスチックを使用していない、微生物によって分解される成分(生分解性が良い)という点にこだわっており

その他

・植物由来の成分を使用し、動物由来の成分を使用していない

・動物実験を行っていない

・合成香料や合成着色料不使用

・パーム油不使用

注:パーム油はマレーシアやインドネシアの原生林を伐採した大規模プランテーションで作られるため、トラやオラウータンの住む場所を脅かしているほか、森林伐採による気候変動も問題視されています。

 

エティークシャンプーバーの中でもヒーリキウイは植物由来の民間医療にも使われている天然の皮膚疾患を治療する成分が使用されており、頭皮のトラブルや、頭皮環境の悪化に悩まされている人にとって優しい成分内容となっています。

自然派の人、地球環境に問題意識を持っている人であれば、十分選択肢に入れて良いシャンプーで有ろうと思います。

エティーク公式サイト
世界で話題の固形シャンプー「エティーク」

 

エティークシャンプーバーヒーリキウイの全成分解説

ココイルイセチオン酸Na

メインの洗浄成分になります。

ヤシ油から得られる脂肪酸とイセチオン酸Naを結合して得られる洗浄成分で、石鹸の質を改良する洗浄剤として開発され、石鹸に近い豊かでクリーミィな泡立ちが得られ、マイルドでしっとりとなめらかな感触の洗い上がりとなるのが特徴

脱脂力が比較的弱い(=刺激が少ない)が皮膚や毛髪に対して保湿効果もあり、生分解性が良く自然環境にも優しい洗浄成分です。

 

プラゴミを減らし、地球環境を改善するというコンセプトで作られたエティークシャンプーバー(固形シャンプー)ですから、洗浄成分にも環境に優しい成分を使っているということですね。

硬水でも石鹸に近い豊かでクリーミィな泡立ちが得られ、しっとりとなめらかな感触の洗い上がりとなるのが特徴

 

注:硬水にはカルシウムやマグネシウムなどの多量のミネラル含まれており、これが石鹸や洗剤の界面活性剤と反応することで石鹸カスが発生します。この石鹸カスを金属石鹸と呼び、洗浄力を大幅に下げる原因になります。

因みにエティークシャンプーバには他にも硬水中でも洗浄力を発揮する洗浄成分が各種配合されています。

原産国のニュージーランドは日本と同じように軟水が多い国なので、硬水中の洗浄力にこだわる必要はないのですが、ヨーロッパなどの硬水の多い地域への輸出を考えて、このような洗浄成分の配合となっていると考えられます。

ココイルイセチオン酸Na(シャンプー成分事典)

 

椰子の木

ココアルキル硫酸NA

ラウリル硫酸Naと同系統(硫酸系、高級アルコール系)の洗浄成分で、洗浄力が高く、使用感の良い洗浄成分ですが洗浄剤の電荷が強く敏感肌には刺激になりやすく、分子が小さく残留性も高いので最近は避けられる傾向のある洗浄成分。

ラウリル硫酸Naよりは低刺激ですが硫酸Na系統ですから、頭皮トラブルがあるような人であれば、使用は控えた方が良い成分です。

他の洗浄成分に刺激の少ないマイルドな洗浄成分を使っている分、一定の洗浄力を補強するために配合されていると考えられます。

ココアルキル硫酸Na(シャンプー成分事典)

 

デシルグルコシド

デシルグルコシドは、すすぎ性に優れたさっぱりとした洗浄力を有した洗浄成分で、陰イオン界面活性剤と同等以上の起泡力および泡安定性・泡持続性があります。

洗浄力を低下させる金属石鹸を分散する機能に優れ、硬水中でも使用でき、皮膚への刺激、目への刺激も低く、生分解性も高く赤ちゃん向けの製品に使用されることもある成分です。

髪の美しい女性

 

ステアリン酸

ステアリン酸は動物、植物の脂肪に豊富な飽和脂肪酸(高級脂肪酸)の一種です。

ステアリン酸を配合することで、脂肪酸が補充され肌のバリア機能の改善に役立つほか、親油性と親水性両方を持ち、天然の乳化剤として乳液やクリームの伸びや固さを調整し、安定性を向上させるために感触改良剤として配合されます。

 

カカオ脂

カカオの種子から採れる植物油脂です。シャンプーなどに配合される場合は頭皮を保護してエモリエント作用を得る効果のほか、髪に潤いを与えて柔らかな手触りに仕上げ、ダメージヘアのコンディションを整えることにも効果が期待できます。

 

キウイ種子油

キウイは元々中国の中・南部が原産であり,20世紀に入ってからニュージーランドに渡り、果実の外観がニュージーランドの国鳥「KIWI」の幼鳥に似ていることからキウイフルーツと名付けられました。

ニキビの発生原因とされるジヒドロテストステロンの生成抑制作用やアクネ菌由来リパーゼに対する阻害作用、シワに対する改善効果やくまの色素の改善作用、アレルギー体質の改善効果などが期待できます。

有効成分の効果を期待するというよりは、ニュージーランドの国鳥(&フルーツ)、キウイのイメージを狙った物じゃないかなと言う気がします。

 

キウイ

 

セタノール

高い吸湿性と保水性をもっており化粧品などにも広く使われている保湿剤です。

その他、薄い皮膜となって肌や髪を乾燥から守る働きもあり、温和なべとつかない光沢を与え、乳化製品の白色化を促進する効果も有ります。

後述するベヘントリモニウムメトサルフェートと一緒に配合することでヘアコンディショニング効果を発揮します。

 

ステアリルアルコール

パーム油から作られる高級アルコールの一種です。アルコールと表示されていますが、一緒にエチルアルコールが配合されていなければ、アルコールフリー製品に分類されます。

乳化補助、感触改良などの目的でコンディショナーや、洗浄製品、ヘアケア製品、メイクアップ化粧品、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品などに幅広く使用されています。

 

ベヘントリモニウムメトサルフェート

コンディショナーやトリートメントにもよく使われる成分です。帯電防止剤ですが、高級アルコールであるセタノール(前述)と併用して使用されることで効率よく毛髪に吸着し、塗布からすすぎにかけての毛髪のからみを効果的に除去し、滑らかさを増す役割を果たします。

ベヘントリモニウムメトサルフェート(シャンプー成分事典)

 

グリセリン

古くから使われてきた保湿剤で、皮脂膜の分解によって生成される皮膚成分です。

無色無臭の粘りけのある液体で、保湿剤または柔軟剤として使用され、ヘアケアーに使用する場合は乾燥した頭皮の保護やばさついた髪の補修に効果が期待できます。

 

オートミール

オートミールは燕麦(エンバク)を脱穀して調理しやすく加工したものです。

食品として認識されることが多いですが、化粧品などに配合した場合は、抗酸化作用、抗炎症作用、抗ヒスタミン作用が期待されます。

オートミール(シャンプー成分事典)

 

メリアアザジラクタ種子油

インド、南アジアなどの熱帯地方に自生、栽培されるメリアアザジラクタ(ニーム) の種子から得られる脂肪油です。

インドでは古くから民間治療薬として皮膚の病気などに使用されており、肌を整える効果があり、抗酸化作用、活性酸素の除去、保湿効果、色素沈着効果が期待できることから化粧品などにもよく使われる成分です。

メリアアザジラクタ種子油(シャンプー成分事典)

 

クロヨナ種子油

インドやオーストラリア原産の、亜熱帯地域に自生するマメ科の植物の種子を搾ったオイルです。

民間医療の治療薬として古くから使用されている成分で皮膚疾患などに使用されるほか、抗炎症作用、殺虫機能、防腐機能、抗酸化作用、日よけ止め、保湿作用なども有り化粧品やローションなどにも使用されます。

頭皮のコンディションを整え、フケの防止、かゆみ防止に効果が有ります。

ヘアコンディショニング剤、皮膚コンディショニング剤

国産のシャンプーや化粧品での使用例はあまりありません。

クロヨナ種子油(シャンプー成分事典)

 

ライム油

ライム

ミカン科の植物ライムの果皮から得られる精油で、収れん作用により、ライムの酸がキューティクルを整えオイル成分により髪にツヤを与えるほか、収れん作用や抗菌作用により、脂性の頭皮への引き締め効果も有ります。

香料としてライムコロンやシャンプー、洗剤などに使用されます。

 

アロマとして使用されることも有り、心を爽やかにリフレッシュさせ、不安や憂鬱を取り除いてくれる効果が期待できます。

本製品は人工香料を使用していないので、香料としての役割が大きいと考えられます。

ライム油(シャンプー成分事典)

 

乳酸

PH調整剤と考えられます。

 

エティーク公式サイト
世界で話題の固形シャンプー「エティーク」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました