Reveur(レヴール)スムース&モイスト トリートメント(シャンプー事典)

「Rêveur(レヴール)」スムース&モイスト トリートメント トリートメント

 

Reveur(レヴール)スムース&モイスト トリートメントは株式会社ジャパンゲートウェイから発売されているトリートメントです。

Reveur(レヴール)シャンプー&トリートメントには「リッチ&モイスト」と「スムース&モイスト」があり

この記事では、「スムース&モイスト」のトリートメントの特徴や成分、宝実の分析、評価について解説します。

 

Reveur(レヴール)スムース&モイスト トリートメントの販売会社さんのウリ

フィトプロテイン配合

保湿力を高め髪の一本一本が潤っている髪へ導く各種の「フィトプロテイン:植物性タンパク質」を配合

 

トリプル処方の洗浄成分

頭皮のケア、髪の内部もケアできるトリプル洗浄成分で、きちんと汚れを落としながらもすっぴんの髪内部から、髪の保湿強化ができる独自の処方設計。

「植物性たんぱく質洗浄成分」を採用し、きちんと汚れを落としながらも、すっぴんの髪内部までたんぱく質を補給します。

植物タンパク質(PPT)洗浄成分+植物性酸性石けん洗浄成分+アミノ酸洗浄成分

 

フィトケミカル配合

レヴールには緑と紫のフィトケミカル成分を6種ずつバランスよく配合。それぞれに厳選されたフィトケミカル成分を贅沢に配合することにより、強さと優しさをそなえた植物の力を与え、頭皮を健やかにし、美髪へ導きます。

 

果実がとろけるような香り

太陽の光を浴びたベルガモットの香りにジャスミンの上品さな香りが合わさった爽やかさの中に華やかさが広がる香り。

 

【レヴール】公式サイト

 

Reveur(レヴール)スムース&モイスト トリートメント、宝実の分析

Reveur(レヴール)スムース&モイスト トリートメントの成分を分析すると、基本的なトリートメント成分が各種豊富に配合されており、これに加えてシャンプーと同じ、植物由来のダメージヘアーをカバーする成分が配合されています。

 

Reveur(レヴール)スムース&モイスト トリートメント宝実の総合評価

Reveur(レヴール)シャンプーには「リッチ&モイスト:紫」と「スムース&モイスト:黄緑」があります。

どちらも基本的な成分の配分はほぼ同じで、ダメージヘアーや、まとまりにくい髪が気になる人のためのシャンプー&トリートメントになります。

もっとも、「スムース&モイスト:黄緑」は「リッチ&モイスト:紫」にくらべてやや洗浄力が強めになっていますから、髪などのダメージがそれほどでもないけれど、まとまりが悪いという人や、髪をきれいに整えたいという人向けのシャンプー&トリートメントになります。

逆に、髪や頭皮のダメージが気になる人や、40代以降の人だと、アミノ酸系の洗浄成分がメインで、刺激の少ない「リッチ&モイスト:紫」の方が適していると思います。

 

【レヴール】公式サイトで見てみる

 

Reveur(レヴール)スムース&モイスト トリートメントの全成分解説

Reveur(レヴール)スムース&モイスト トリートメントに配合されている全成分について、配合割合の多い順に解説していきます。

 

ジメチコン

代表的なシリコン剤で、髪をコーティングし、サラッとした質感にする事が出来ることから、多くのシャンプーやコンディショナーなどに使用されています。

 

セタノール

高い吸湿性と保水性をもっており化粧品などにも広く使われている保湿剤です。

トリートメント / コンディショナーなどに使用される場合は、乳化補助、感触改良などの目的で使用され、乳化物を安定させるとともに粘度を上げ、また、適度にエモリエント性があり、毛髪に滑らかさと肌ざわりの良い感触を付与します。

その他、薄い皮膜となって肌や髪を乾燥から守る働きもあり、温和なべとつかない光沢を与え、乳化製品の白色化を促進する効果も有ります。

 

ステアリルアルコール

パーム油から作られる高級アルコールの一種です。アルコールと表示されていますが、一緒にエチルアルコールが配合されていなければ、アルコールフリー製品に分類されます。

乳化補助、感触改良などの目的でコンディショナーや、洗浄製品、ヘアケア製品、メイクアップ化粧品、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品などに幅広く使用されています。

髪の綺麗な女性

ベヘントリモニウムクロリド

陽イオン界面活性剤(カチオン界面活性剤)で多くのトリートメント剤などに使用されています。

帯電を防止して指通りが良くなるほか、吸着力が強く髪のまとまりを良くし、柔軟にしてくれることからダメージヘアの保護材としても使用されます。

 

ステアルトリモニウムクロリド

ステアルトリモニウムクロリドは、陽イオン界面活性剤(カチオン界面活性剤)で主な使用目的は帯電防止です。

ヘアコンディショニング剤に配合され、髪に強力に吸着する働きがあり毛髪を柔軟にし、すべりをよくし、静電気を防ぎます。

 

ソルビトール

ソルビトールは低カロリーの甘味料などとして食品添加物によく使用されます。保湿、吸水作用があることからシャンプーなどに使われる場合は、髪や頭皮の柔軟化や保湿作用を期待して配合されているものと考えられます。

「Rêveur(レヴール)」スムース&モイストシャンプーに配合されているフィトプロテイン

 

加水分解エンドウタンパク

加水分解エンドウタンパクはエンドウから得られたタンパクを酸、酵素又はその他の方法により加水分解して得られる成分で、主にヘアケアに使用され、キューティクルを保護、補修する働きがある脂肪成分。

毛髪のダメージをケアし、毛髪にさらさら感とハリ・コシを与えるのが特徴です。

 

加水分解トウモロコシタンパク

加水分解トウモロコシタンパクは、トウモロコシタンパク質を加水分解し、数個~十数個のアミノ酸のつながりにしたものです。

毛髪の損傷部分を補修したり、強度を回復させる働きがあります。

 

加水分解コメタンパク

加水分解コメタンパクはお米を加水分解して生成されたもので、髪のダメージ部分に吸着しやすく毛髪表面の疎水化、手触り向上、髪表面に存在するバリア機能に類似した構造を持つ植物ペプチドです。

植物由来タンパク質の中では、毛髪になめらかさを与えるのが特徴です。

 

ワサビノキ種子エキス

ワサビノキの種子から採れるエキスで、別名モリンガ種子エキスとも呼ばれます。

抗酸化作用や血管を健康に保つ効果が期待できることから、エイジングケア製品や薄毛・抜け毛対策の頭皮ケア商品にも配合されています。

 

加水分解酵母タンパク

加水分解酵母タンパクはコンディショナーによく配合されている成分で、帯電防止剤やヘアコンディショニング効果があり、髪全体をまとまりやすくします。

また、櫛通りを良くし、感触を改善、輝きとボリュームを増化させ、スタイリングしやすくする効果もあります。

そのほかにも、保湿と鎮静の効果があり、頭皮の状態を改善することが知られています。

 

リンゴ果実培養細胞エキス

リンゴ果実培養細胞エキスは西洋リンゴの一種「ウトビラー・スパトラウバー」の幹細胞の培養物から得られるエキスです。

人の皮膚幹細胞の働きを高め、肌の状態を健やかにする効果が期待でき、培養物に含まれる代謝物には皮膚細胞の寿命を延ばす成分が多く含まれていて、注目のアンチエイジング成分です。

頭皮細胞に働きかけ老化を遅らせる働きが期待されることから、衰えた毛母細胞やメラノサイト細胞を活性化する目的で、育毛シャンプーやヘアケア製品に使用されています。

リンゴ

 

チャ葉エキス

チャ葉エキスは、お茶の葉のエキスで、抗酸化作用や消臭作用(特に加齢臭抑制作用)のほか消炎作用、収れん作用、保湿作用などがあります。

「Rêveur(レヴール)」スムース&モイストシャンプーに配合されているフィトケミカル成分

 

アロエベラ葉エキス

アロエは古くから民間治療薬としても使われてきた植物で、アロエベラ葉エキスには、保湿作用、キズの治療、抗酸化作用、紫外線吸収作用、抗老化作用、皮膚(頭皮)のコンディショニング効果があります。

 

アロエベラ葉エキス

アロエは古くから民間治療薬としても使われてきた植物で、アロエベラ葉エキスには、保湿作用、キズの治療、抗酸化作用、紫外線吸収作用、抗老化作用、皮膚(頭皮)のコンディショニング効果があります。

 

ライム果汁

ライム果汁は、キューティクルをなめらかにし、髪をとかしやすく、光沢のある髪に整えてくれる効果があるほか

ビタミン類を豊富に含んでおり、頭皮の状況を改善するとともに、他の有効成分の頭皮への浸透を助ける働きもあります。

ライム

 

キウイエキス

キウイエキスはフルーツのキウイから抽出したエキスで、抗酸化作用や保湿作用があることから、髪や頭皮の環境改善に効果が期待されます。

 

ソケイ花エキス

ジャスミンの仲間のソケイの花のエキスです。

肌(頭皮)の状態を整える効果もありますが、実質的には香料としての位置づけが大きいと考えられます。

ジャスミンの香りは、化粧品や家庭用品にもよく使われており、アロマ的な働きとしてリラックス効果も得られます。

ソケイ花

 

イソプロパノール

イソプロパノールを溶剤として使用すると水中に香油を均一に分散するので、香気の発散を良好にする効果が有ります。

 

パルミチン酸イソプロピル

感触を改良する効果の有る、さっぱりした感触のエステル油で、角層からの水分蒸散を防止し、肌を柔軟にする作用を有しており(エモリエント作用)、毛髪に対する艶感付与のほか、配合されている各種成分を均一にする溶剤としても使用されます。

 

イソペンチルジオール

イソペンチルジオールはキューティクルの補修作用あり、トリートメントなどに配合することで毛髪のダメージ抑制と補修の効果が期待できることから、多くのヘアケア製品に配合されています。

 

ヒドロキシエチルセルロース

粘度を上げ安定した状態を保つ目的のほか、配合されている粉状の成分を均一に保つ働きもします。

EDTA-2Na

シャンプー中にカルシウムイオンや鉄イオンなどの金属イオンが混ざっていると泡立ちや洗浄力が極端に低下するので、これらの金属イオンの悪影響を封じ込めるために配合されます。

 

クエン酸Na

食品にも広く使用されている成分で、シャンプーなどに配合される場合は製品のPH調整、金属イオンによる悪影響を防止するためのキレート作用、各種成分の酸化防止作用があるほか

収れん作用による毛穴の引き締め、保湿作用、髪と頭皮を落ち着かせ、ツヤのあるまとまりの良い髪に導いてくれることが期待されます。

「Rêveur(レヴール)」スムース&モイストシャンプー、トリートメント

アモジメチコン

シリコン剤の一種です。一般によく使われるジメチコンに比べ、髪への吸着性が良く、ダメージヘアーの修復にも効果が有ります。

 

PEG-200水添ヒマシ油

PEG-200水添ヒマシ油は、混ざり合いにくい成分を均一に混ぜ合わせるために使用されます。

 

オキシベンゾン-5

製品自体の退色・変色防止のために配合される成分です。

 

(アクリル酸アミドプロピルトリモニウムクロリド/アクリル酸アミド)コポリマー

髪の表面にヘアスタイリング成分を均一に付着させ、帯電を防止し、被膜を形成することで、すすぎ時などの指通りをよくするとともに髪の感触を向上させます。

ダメージヘアーに効果があり、帯電防止、皮膜形成剤、ヘアコンディショニング剤、ヘアスタイリング剤によく使用されます。

 

ポリクオタニウムー50

使用後の毛髪に柔らかな仕上がり感やシリコーンのような滑らかさを与えます。

「Rêveur(レヴール)」スムース&モイスト シャンプー

 

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

髪はブリーチやパーマによってダメージを受けるとCMCと言う髪を構成する重要な成分が流出します。ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)をこのCMCの代替成分として補給することで毛髪強度を改善することができます。

その他、頭皮のバリア機能を改善したりシャンプーに配合した場合は泡質を改良する働きもあります。

 

クエン酸

クエン酸がシャンプーなどに配合される場合はPH調整、頭皮や毛髪の引き締めを狙った収れん作用を期待して配合されます。

 

カラメル

カラメルは水飴などの糖類を熱処理分解することで得られる褐色の液体で、天然の着色料として使用されます。

 

グリセリン

グリセリンは、古くから使われてきた保湿剤で、皮脂膜の分解によって生成される皮膚成分でもあります。

無色無臭の粘りけのある液体で、保湿剤または柔軟剤として使用され、ヘアケアーに使用する場合は乾燥した頭皮の保護やばさついた髪の補修に効果が期待できます。

BG

BG(1,3-ブチレングリコール)は主に保湿剤として使用されるほか、細菌の増殖を抑える効果があることから防腐剤の効果を高める効果があります。また、植物からエキスを抽出する際の溶媒として使用されるため、植物エキスを配合した際に、BGが少量、混ざり込むこともあります。

 

カプリリルグリコール

カプリリルグリコールは、さっぱりした感触と優れた抗菌性を有する多価アルコールで、保湿作用もあります。

 

ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

植物性脂肪酸とアミノ酸(グルタミン酸、リジン)により作られた保湿・湿潤剤で、毛髪を保護、乳化やゲル化を効率的に行い、ヘアケア成分を保持し、ダメージヘアを修復する働きをするほか、角質層に浸透し、バリア機能をサポートします。

また香料の残存性が良くなるという意外なメリットも有ります。

 

マルトデキストリン

マルトデキストリンはデンプンを部分加水分解して得られるデンプンとマルトースの中間生成物で、乳化安定化の目的で配合されます。

髪のきれいな女性

エタノール

エタノールはいわゆるアルコールの成分で、抗菌、殺菌効果があるほか皮脂を取り除く効果が高く、頭皮の引き締め効果もあり、夏場などであれば清涼感も得られます。

ただし、頭皮トラブルがあるなどの場合は、配合量が多いと刺激が強く、頭皮にダメージを与えてしまう可能性があります。

 

ペンチレングリコール

さっぱりした感触と優れた抗菌性を有する多価アルコール(二価アルコール:グリコール)です。

濃度を低くしても抗菌性があり、保湿作用があり、べたつきのない使用感が特徴です。

 

ステアラミドプロピルジメチルアミン

ステアラミドプロピルジメチルアミンは帯電防止剤、ヘアコンディショニング剤として使用されます。

優れた毛髪コンディショニング効果(髪をしなやかにする)を発揮することからヘアコンディショナー、ヘアトリートメントなどに使用されています。

 

レシチン

レシチンはあらゆる動植物の細胞の中に存在する成分で、医薬品やサプリなどにも使用されています。

乳化補助剤、保湿剤、各種成分の頭皮への浸透促進、界面活性剤(洗浄成分)の刺激緩和、感触改善のためのヘアコンディショニング剤として使用されます。

「Rêveur(レヴール)」スムース&モイストシャンプー、トリートメント

キサンタンガム

トウモロコシなどのデンプンを発酵させて作られる成分で、食品などにも使われています。

水に溶けやすくシャンプーに使われる場合は、シャンプー剤の粘度を上げ、泡の弾力性を向上させる目的で使用されます。

 

安息香酸Na

食品などにも使用される、抗菌・防腐剤です。酸性成分の中で高い抗菌性を発揮し、他の防腐成分と併用されることが多くなっています。

シャンプーではフェノキシエタノールまたはメチルパラベンと併用されることが多いようです。

 

フェノキシエタノール

フェノキシエタノールは、主に抗菌、防腐剤として使用される芳香族アルコールの1種で、緑茶などにも含まれる、自然界にも存在する成分です。

 

ソルビン酸K

ソルビン酸K(カリウム)は、防腐の目的で配合されます。

食品の保存剤としても承認されている水溶性の防腐剤で、細菌やカビの発生・増殖を抑える働きがあり、一般的に他の防腐剤と併用して用いられます。

 

メチルパラベン

メチルパラペンはシャンプーなどに配合される抗菌・防腐剤で、あまり良いイメージではとらえられていないようですが、広く各種製品に使われている成分で一般的には安全性には問題のない成分です。

香料

合成香料です

 

黄4、緑3

法定色素です。

シャンプーや化粧品、医療品などに使われる法定色素とは

以上全成分解説

 

【レヴール】公式サイトで見てみる

タイトルとURLをコピーしました